スキー情報総合サイト スキーネット:SKINET

月刊スキーグラフィック2019年12月号

001_cover_ePub.indd

表紙

005.indd

目次

各地でちらほらと、雪の便りが届き始めました。

11月9日(土)発売、
月刊スキーグラフィック12月号の読みどころです。


巻頭は、皆さんお待ちかね!
リフト券大プレゼント
全国42スキー場、443枚の争奪戦です。
QRコードを読み取り、ウェブアンケートに答えて、
どしどしご応募ください!


シーズンを先取る技術特集は、DVD連動三部作!
カービングショートへの挑戦
ロングターンやミドルターンはカービングできるけど、
ショートターンはズレ・ひねりから抜け出せない、という人も多いはず。
もちろん、ズレやひねりを使ったショートターンも大切だけど
今年こそはスキーの性能を生かしたカービングショートに挑戦してみませんか?


第一弾は、2019年技術選チャンピオン・武田竜が実践する
フルカービングショート
アルペン競技時代に培ったレーシングテクニックをベースに
第56回全日本スキー技術選手権大会では、他の上位選手とは一線を画す
切れと走りを表現して、チャンピオンの座についた武田竜。
「イメージは、スラローム」と語るようにショートターンでもストレッチングの動きを意識し、
膝の返し、股関節のローリングを使いながら滑るという
彼の真骨頂ともいうべきテクニックに迫ります。


第二弾は、デモチームきっての理論派・松沢寿が明かす
カービングコントロールの真髄
一見、ショートターンとは関係ないんじゃないの?と思われるかもしれませんが
いやいや、まずは読んでみてください。
とくに、カービング=どんどん加速していくもの というイメージをもっている人は
「カービングでコントロールする」という
今までとは異なる方向からのアプローチになるはずです。


第三弾は、分かりやすいレッスンで定評がある
ヒデブン先生こと、渡部秀文ナショナルデモンストレーターの
ラディウスショートターンのすすめ
カービングショートターンといってもなかなかイメージのつかめないという人に
その一歩手前の、でもスキーの性能を生かした滑り方を提案します。
ターン前半、中盤、後半、切りかえと、それぞれの局面ごとに
やるべきポイントを絞って解説するとともにトレーニング方法も紹介します。


また、1級からテククラレベルへのレベルアップを目指す人に贈る
渡辺一樹の意識改革では
カ鍵となる、曲げる動きから伸ばす動きへのイメージチェンジの方法を解説。
ちょっとしたことが飛躍のヒントになるかもしれませんよ!


新連載 コブのかんたん練習帳では
コブの名手・石水克友が、コブ攻略のいろはを伝授。
今シーズンこそ克服したいという人は、
今月から読み始めることを強くお勧めします!


さらに、シーズン前にチェックしてほしい内容が満載!
越後湯沢 心はずむ雪国の旅へ
突撃! ショップ取材 スキーアクセサリー最前線
今どきスキースクール活用法など
知って得する情報を仕入れつつ、冬に向けて気分を盛り上げましょう!