スキー情報総合サイト スキーネット:SKINET

月刊スキーグラフィック2019年7月号

1907_cover

表紙

1907_mokuji

目次

6月10日(月)発売、

月刊スキーグラフィック7月号の読みどころです。

今月の巻頭は、ズバリ!
16ブランド38機種 一斉試乗レポート ニューモデルスキー、乗りたおし!

昨年好評だった試乗レポート企画を、今年もやってしまいました!
名門・白馬八方尾根スキースクールのインストラクターと (おこがましくも)読者代表を務める編集部員たち、 そしてゲストスキーヤーが、乗りまくりの、語りまくり!
来季の相棒選びに迷っている方は、ぜひお立ち寄りください♪

第2特集は、「第2」と位置付けるのがもったいないほど 濃~い内容となっています。
猪又一之が分析 ターンスピードから読み解く! 最新技術動向

今年行なわれた「第56回全日本スキー技術選手権大会」でテクニカルポイントのジャッジを務めた、猪又一之が佐藤栄一、吉岡大輔、栗山未来といったトップ選手たちの滑りを分析。
「ターンスピードとは何か?」「ターンスピードを上げるには?」など技術選取材歴15年以上の記者も思わず「そうか!」と膝を打つ、技術要素がぎっしりと詰まった特集になっています。
これを読めば、アナタの滑りを見る目も変わるハズ!

それからそれから、なんといっても次号は付録DVDのコンテンツが満載!
誌面連動「太谷敏也の目指せ1級! 用具を活かして検定合格」や「オーストリアデモが教えるベーシックテクニック PART2」など 怒涛の82分を収録。ぜひお楽しみください!

さらに、学生スキーヤー諸君、お待たせしました!
大会レポートでは、「第46回全国学生岩岳スキー大会」をお届け。
熱戦が繰り広げられた基礎スキーの部、アルペン競技の部の模様をそれぞれ、上位選手の活躍を中心に、たっぷりとお伝えします!

また、巻末カラーには「徹底考察 パラレルレースについて考えてみた」を掲載。

2018年、FISジャーナリストアワードの田草川嘉雄が今注目の「パラレルレース」について、新たな技術の登場も交えながら解説。アルペンファンならずとも、読みごたえのあるページになっていますよ!